グローバル化社会に必要

世界各国の言語に対応可能

アルファベット

近頃では、日本に住み日本で仕事をしながら生活する外国人や、外国に住み外国で仕事をしながら生活する日本人も増えており、よりグローバル化社会となっております。その為、英語や中国語をはじめとする外国語がプライベートだけでなく、ビジネスの場で必要になることも増えました。その際に、日本語でやりとりをする時と違い、文法上は意味が通じる内容でも失礼な言い回しをしてしまったり、こちらが伝えたい内容と全く違う解釈をされてしまう場合があるため、注意しなくてはなりません。使い慣れた言語であればよいですが、慣れない言語で交渉をする際には、相手方の信用を失ったり、関係性を悪くしてしまう可能性があり、非常に危険です。外国語を用いて直接対面でやりとりをする時には、通訳をつけ流のが一般的ですが、書類やメールなど、活字を用いたやりとりをする場合、多言語翻訳というサービスを提供している会社があり、非常に便利です。サービス内容としては、一文字数円単位や一単語数十円単位などの代金で多言語翻訳を行ってくれるというものです。また、多言語翻訳会社にもそれぞれ特徴があり、様々な翻訳需要を対象とした産業翻訳業界や映画などの映像に字幕を作成する映像翻訳業界や本を多言語翻訳し出版をしている出版翻訳業界などがあります。必要な翻訳サービスによって、その分野を得意とする会社を探して依頼することで、効率よく言葉の壁をクリアすることができます。

海外にアプローチ

ENGLISH

今現在においては、世界の様々なところでパソコンを使用する方が増えています。運営を行っているWebサイトのターゲットを日本だけのユーザーに絞らず、そして収益やトラフィックの成長を意識し今のやり方を見つめ直している場合は、サイトへ多言語翻訳を取り入れてみることを考慮してもよいでしょう。多言語翻訳を取り入れることによるトラフィック増加については、Webサイトで紹介している製品・サービスの売上アップにもつながっていきます。そして、自国のクライアントからの広告出稿依頼もあわせ、他の国からの出稿依頼も増えていくでしょう。これにより、今現在においては、多言語翻訳を取り入れていこうとする人気が集中しています。Webサイトへ多言語翻訳を取り入れることで、サイトのターゲットの数をこれまでよりも増やしていけるというメリットがあります。例を出すと、英語に対応するだけでもWeb上の英語ユーザーのおよそ5億5000人を超える方へ、そして中国語に対応していくだけでもWeb上の中国語ユーザーのおよそ5億人を超える方にアプローチをかけていくことができます。その国により国特有の特別なSEO対策が必要にはなりますが、ターゲットの数を増やしていけることはトラフィックを増やしていくことに大きく影響していきます。それから、中国語のWeb上のユーザーに関しては、これからもますます増えていくため、工夫として中国語に対応していくことを今のうちから頭に入れていくことは、SEOの観点からしても大きなメリットがあります。

翻訳のプロに任せる

男女

世界的に日進月歩でグローバル化が進んでいます。また、IT技術の発達に伴い、インターネット上では今や英語のみならず世界各国の言語が飛び交う現代の社会においては、ビジネスの上でも英語以外の言語への対応を迫られる機会が増えつつあるのが現状です。反面、日本では諸外国とのビジネス上の公用語は英語が基本となっている事が殆どであるため、英語以外の言語への対応が困難なケースが少なくありません。特に、自社のホームページの多言語表示や製品マニュアルの各言語へのローカライズのニーズが高まる状況の中、これについての社内での対応が容易ではない事も多いのではないでしょうか。そんな時には、多言語翻訳への対応が可能な翻訳会社への外注をご検討されてみてはいかがでしょう。専門の翻訳会社の場合、英語を始めとした世界各国の言語への多言語翻訳が可能な体制を完備している事が多く、各企業のニーズに合わせたきめ細かい対応が可能です。多言語翻訳の業務に社内のみで対応する場合、各言語の専門スタッフの採用等には英語の場合以上の多大な時間や労力がかかる可能性が非常に高いと思われます。また、多言語翻訳が必要とされる状況には様々なケースがあり、長期的な案件だけでなく期間限定的な案件も少なくありません。翻訳会社を利用する場合、こうしたスポット的なニーズにも柔軟な対応が可能であるため、自社での人員確保等の負担を格段に減らす事ができるのが大きなメリットの1つであると言えるでしょう。更に、ネット時代の現代では翻訳会社は世界各国の優秀な翻訳者と24時間リアルタイムでやり取り可能なネットワークを構築しているため、例えば外国語同士の翻訳のようなイレギュラーな依頼にも幅広く対応できるのも魅力の1つであると言えます。