海外に対応するため

新たな商機の壁は言語

文房具

例えばホームページでの販売をグローバルに行う場合、多言語翻訳が必要となります。その際にどのような翻訳業者を選ぶかがポイントとなります。日本では数千とも言われる翻訳業者がありますが、その中からいかに適切なところを選ぶかが課題です。そこで知っておきたいのは、多言語翻訳業者の特性です。大抵の業者はそれぞれ、専門とするものを持っています。例えば映画などの映像を翻訳することに長けていたり、あるいはネットサービスの翻訳を得意とするといった形です。その中で、自分が依頼するコンテンツはどのようなものかを把握した上で、その翻訳を得意とする業者を選ぶことが必要です。品質も期待できますし、料金も安く済ませることができます。人気の高い多言語翻訳サービスは、サイトにおける翻訳と共にコンテンツ制作まで手がけることができるところです。国によってはサイトのレイアウトも変わりますし、翻訳と同時にレイアウト編集なども行える業者は非常に便利です。さらにネイティブなスタッフが作業することで、現地の人が違和感なく読めるように構築することができます。ネットサービスの拡充に伴って、このようなサービスに特化する業者が増えています。多言語翻訳のみに留まらず、いかに付加価値を付けることができるかを業者は問われています。同様に会社のマニュアルなどを現地法人向けに翻訳する場合も依頼でき、それぞれの国の風習を加味した上で適切にコンテンツを編集してくれます。

多言語に対応させる

文房具

ソフトウェア開発業界でも多言語翻訳への需要は高まっています。インターネットが普及し、スマートフォン利用者の急増と共にアプリ開発を行う企業では絶好の商機です。今後、開発していく製品はグローバル化していくことが経営上必須条件としている企業も多いですが、それと同時に一つの壁にも当たります。アプリ開発と同時に専門性の高い多言語翻訳が必要です。スマートフォンが普及した事でユーザーへの新製品提供は即時性が高く求められます。従来のスピード感よりずっと早く対応が必要になります。事前の綿密な打ち合わせによりアプリやスマートフォンで表示できる文字数には制限があり、それぞれ言語に合わせ地域性や慣習なども踏まえた専門性の高い高品質な翻訳を必要とされます。スマートフォンアプリなどでは、画面に表示できる文字数に制限があります。ヒットするアプリにするためには日本語版のアプリ開発にも、ユーザーの心に響く言葉選びが重要です。ターゲットユーザーの使い勝手を向上させる動作や使用する際に情景をイメージしやすい言い回しを考えて練りに練った日本語が当てはめています。多言語翻訳を行う場合にもそれぞれの言語を使う方々の心に響く言葉選びが大切になります。その言語を使う国の慣習なども踏まえ、アプリのターゲットユーザーを意識した翻訳が必要です。各言語ネイティブのチェックを作業工程に入れて使用する言葉の違和感がないか確認を入れた多言語翻訳もアプリ開発の際の翻訳には必要となります。

伝わりやすい翻訳ができる

言語

外国へ向けて商品をアピールしたい企業には、多言語翻訳を扱う企業のサポートを欠かすことができません。自社で多言語に対応することは難しく、ネイティブにも通じる言語を習得した人材を見つけるにはお金もかかります。また翻訳のスキルは常時必要なものではなく、一時的に必要になることが大半です。そのため多言語翻訳に対応する会社を利用することで、コストも削減ができます。その時々に応じた言語への対応が可能になり、専門的なスタッフも常時確保することができます。多言語翻訳に対応する会社であれば、マイナーな言語であっても翻訳が可能になります。料金は利用する会社によって変わります。多くの国へ商品をアピールしたい時などには重宝される会社です。多言語翻訳を利用することによって、さまざまな国へ進出することが可能になります。商品アピールだけではなく、何らかの言語を日本語に翻訳してもらう時にも役立つでしょう。外国とのやり取りが多く、翻訳は専門の会社に行ってもらいたいのであれば安く利用できる翻訳会社を探しておきましょう。最近では日本人が翻訳に対応するだけでなく、現地の翻訳家に任せることもできるようになってきていますので、より現地の人に伝わりやすい翻訳を行うことができます。またこのやり方は日本人だけで運営しているよりもコストがかかりにくく、安い料金での提供が可能になる方法でもあります。翻訳サービスを探している場合は、どの程度のスタッフを抱えているかもチェックしておきましょう。